SS試験とサンプル採取の結果を当社の専門チームが分析し、最適な地盤改良工法を検討し提案いたします。
@.地盤支持力からの検討
A.不同沈下の安全性
B.高有機質土の有無
等と経済性を加味して地盤の補強の必要性と最適な工法を判断します。

3種類の地盤改良工法
軟弱層が2m以下の場合に建物荷重の影響範囲を固化材を混合して板状に補強します。

地盤に固化材を注入攪拌して柱状に改良杭を築造します。
摩擦杭と支持杭の考え方があります。

鋼管杭を支持層まで打設します。支持層が必要です


Copyright (C) 2008 ITO-KENSETSU. All Rights Reserved.